ホームページの更新を自社管理

なんと言ってもワードプレス化する一番のメリットは専門のスキル・知識がなくともホームページを自社管理できるようになるということです。
今までは簡単な「お知らせ」更新だけでも制作会社に費用を支払い更新していたのもが、コンテンツの更新程度なら管理画面から誰でも更新できるようになります。

ホームページの更新が複数の管理者で同時作業可能

例えばホームページ管理者には全体の「管理者」権限、ブログ更新担当者には「投稿者」権限、デザイン担当者には「編集者」権限のようにホームページ管理を分業できそれによって担当替えによる引継ぎなども簡易化できます。
また、リビジョンログの確認もできるので、いつだれがどの更新作業を行ったかも確認可能です。

HTML、CSSも知識が無くても思い通りのデザインに

今までHTMLで作成されたのホームページの作成・更新で順では、
①HTML、CSSをコーディング ②サーバーにFTPソフトなどを使用して、更新ファイルのアップロード という作業が必要でした。
ところが、ワードプレス化することでこれらの作業はブラウザで管理画面上から、素材のアップロード、編集が可能です。
しかもそれがマウス操作メインで可能になるので、管理画面の案内に従うだけで作業だ出来てしまします。

テキストエディターやFTPクライアントのようなソフトウェアがいらない

今までのホームページ編集では前項で述べたFTPクライアントソフトのほか、専用のテキストエディターなどが必要不可欠でしたが、ワードプレス化によりそれらは必要なくなり、ブラウザのみで作業が出来るようになります。
そしてブラウザで編集作業が可能ということは、タブレットやスマホなどでも対応管理画面を用意しているので、通信環境さえあればいつでもどこでも編集が可能です。

テーマ選択でいつでもサイトデザインが変更可能

ワードプレスではデザイン性も機能性にも優れたデザインテーマが無料で多数配布されています。
初期で納品させていただくテーマを変更することも管理画面から簡単にできます。
ホームページデザインの変更なのでHTMLで作成しているホームページではそう簡単にデザイン変更はできません。
ワードプレスならデザイン変更も管理画面からテーマを選択するだけ。
さらに下層ページやお知らせのコンテンツデータは「投稿」データとして保存されているので、デザインを変更してもそのまま引き継がれます。

サーバー移転やドメイン変更などの作業も最小限で

ワードプレスを導入していれば少しのワードプレス知識でホームページの引っ越しも可能になります。
訪問ユーザーが増え、ホームページの表示が遅くなってきた等の理由でサーバーの引っ越しが必要になっても、引っ越しに必要なプラグインをワードプレスにインストールし、案内に従って操作するだけで簡単に引っ越しが出来てしまします。
※サーバーやドメインの変更時にはサーバーに対する基礎知識は必要になるのでご注意ください。

プラグイン機能によりカスタマイズや機能追加が簡単

ワードプレスの機能追加にはプラグイン方式が採用されているので様々な機能追加が管理画面でのマウス操作だけで可能です。
しかもその大半が無料!
SEOをもう少し強化したい、会員制サイトにしたい、ショッピングカートを導入したい、E-ラーニング機能を導入したい、等々プラグインをインストールしマニュアルに沿って作業するだけで機能追加が出来てしまします。
※プラグインの大半の開発は海外で行われているためマニュアルが英語版しか用意されていない場合もございます。

ワードプレス化のデメリットもご紹介
サーバー環境

ワードプレスサイトを運用するにはPHPとMySQLというデータベースが利用できる環境が必要になります。
ですので、今までHTMLで構成されていたホームページを運用されていた場合は、ワードプレス化する際は、ご契約のサーバープランは要確認になります。
ただ、大手のレンタルサーバーでも500円/月額のプランでも今はほぼワードプレス導入の必要要件を満たしていることが多いので、目安として15年以上ホームページを運用されている方はコストダウンできる可能性があります。

ページの読み込み速度

前項でお伝えしたようにワードプレスはホームページのデータをMySQLというデータベースにコンテンツ(パーツ)ごとに格納し、それをつなぎ合わせてブラウザ上に表示させるのでどうしてもHTMLで作成されたページよりは表示速度が遅くなってしまいます。
ですが、この仕組みでもキャッシュという機能を使用することによりHTMLで作成されたページと同等の表示速度にしてあげることが可能です。

セキュリティ脆弱性とハッキング

全世界の25%のシェアを誇るCMSということもありクラッカーなどの標的にはなりやすくなります。
特にオンラインショップや会員制サイトなどでは個人情報をお預かりしてデータベースに保管されるので心配にはなります。
が、その脅威からはワードプレスだけでなくどのCMSと使用しても逃れられません。
むしろワードプレスは会員情報など暗号化して保管することができるので、マイナーなCMSを使用するよりセキュリティは常に更新されているのでクラックされ管理画面に入られたり、データベースを抜き出される危険性は低いです。
セキュリティについてもプラグインで様々な対策機能が追加できるのでワードプレスサイトはクラッカーに狙われやすいがクラックされにくいというのが現状です。

※オンラインショップではユーザー様にはクレジットカード情報を入力していただく機会があると思いますが、クレジットカード情報は原則クレジットカード会社の強固なセキュリティの元、クレジットカード取次店のサーバーに厳重に保管されます。
ワードプレス内にクレジットカード情報を保存する機能の開発は当方ではお断りさせていただいております。

本体・テーマ・プラグインの互換性エラー

ワードプレスとそのプラグインにはそれぞれバージョンが存在します。
まず、バージョンがぞんざいする理由は開発者の方たちは日々セキュリティ強化に努めているからです。
それによって、プラグインの更新がワードプレス本体のバージョンアップについていけていない場合はプラグイン関連の箇所で不具合が発生することがまれにあります。
ですので、ワードプレス本体の自動更新機能は私が構築する際はストップさせていただいております。
どうしてもワードプレス本体の更新が必要な重要なセキュリティアップデートが入った場合はこちらからお声がけさせていただき、きちんとバックアップを取り万全の状態でバージョンアップ作業を行わさせていただきます。